BOOKS

『アノマロカリス解体新書』 土屋健著

土屋健 著
かわさきしゅんいち 絵
田中源吾 監修

「奇妙なエビ」はいかにして「カンブリア紀の王者」となったのか?
人々を魅了し、戸惑わせ、熱狂させた
アノマロカリス130年史。(あるいはその経過報告書)

古生物界のスター、アノマロカリスの最新研究を軸に、これまでの研究の歴史や愛され史などをまとめた1冊。
「Anomalo(奇妙な)caris(エビ)」。その名が示すように、アノマロカリスは当初、体長数センチほどのエビの仲間として報告されました。しかしその後、紆余曲折を経て、”地球史上最初のプレデター”へと変貌をとげます。その復元の歴史にあったドラマとは? そして、近年の学説に基づいて復元した驚きの姿とはーー?
アノマロカリスの代表種であるアノマロカリス・カナデンシスを主役に、アノマロカリスの仲間であるラディオドンタ類、同時代を生きたオパビニアやハルキゲニアといった古生代の生き物たちもイラスト付きで複数紹介。彼らが生きた5億年前の地球環境、仲間たちとのかかわり、アノマロカリスが受け継ぎ、そして受け渡した進化の系譜など、1冊丸ごとアノマロカリスを解説。
監修は金沢大学の田中源吾博士、100点に及ぶ復元画・化石スケッチは近年注目の動物画家かわさきしゅんいちが担当。

購入特典:あなたのスマホで泳ぐ! 狩る! 食べる! 捕食シーンを再現したAR(拡張現実)付き。

表紙絵・挿絵・ARアノマロカリスのデザイン補助と彩色を担当。